百式人生、最大の感動 (ExpertCity.com)

SPONSORED LINK

Pocket

百式をはじめてから今までで一番感動した!そのビジネスモデルの完成度、技術力、どれをとっても最高級の感動を受けた。ここはすさまじい。

ExpertCityではPC関連の問題を「画面上で実際の人が解決してくれる」。ExpertCityのサイトではそのためのブラウザプラグイン(これまたサイズが小さい!)をダウンロードでき、そのプラグインを使えば、ネットを介してExpertCityのエキスパートとチャット、画面、マウス、キーボードの共有ができるようになる。相手があやつる自分のマウスカーソルをみるのは実に不思議な感覚だ。英語になるが、是非ExpertCityのFREE TOURを試してほしい!その不思議な感覚にドットコム企業の未来を感じること請け合いである。

たとえばソフトの使い方がわからない、PCの調子がおかしい、おもしろいサイトが見つからない、などの質問に「実際の人」が答えてくれるのである。究極のe-Learningの形である。

このサービス、料金は有料だが、金額は顧客が自分の抱えている問題を提示した時点でExpertCityのエキスパートが提示してくれるため、その金額に納得した場合だけサービスを受けることができ、安心である。

さらにビジネスモデルの観点から言えば、ExpertCityのすごいのは、教える側のエキスパートは、ExpertCityに常駐している社員ではなく、ExpertCityにエキスパートとして登録している、一般の人であるところである。つまりExpertCityは「教えたい人と教えてもらいたい人をつなぐ場と技術」を提供しているのである。

教えたい人(エキスパート)にとっては自分のスキルを金額化する場を、教えてもらいたい人には自分の問題を解決できる場を提供しているため、完全なWIN-WINが成立している。

また、エキスパートのサービスの質の管理だが、顧客はサービスを受けるたびにエキスパートの評価を行うため、質の低いエキスパートは淘汰され、自然にエキスパートの質が向上していく仕組みが創られている。

この技術、ビジネスモデルは応用次第でオンライン教育にも使えるし、他にも考えれば創造的な使い方ができるはず。ひさびさの感動である。

いや、ひさびさに、素晴らしい。

ExpertCity

http://www.expertcity.com/

ブラウザシェアリングによる、P2Pの学習サイト。

管理人の独り言『懸念』

感動したが、一つだけ懸念がある。それはエキスパートが顧客のPCのほぼすべてをいじれることである。顧客のPCのハードディスクの中身もみることができれば、プログラムの起動もできてしまう。当然悪意をもったエキスパートならばなんでもできてしまうはずなのだ。でもセッションのログをとることでなんとかなるのかな・・・。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.