評論家コミュニティ (Epinions.com)

SPONSORED LINK

Pocket

Epinionsではいわゆる「評論家」がコミュニティを形成している。これが実にうまい感じである。思うに人は「評価されたり」、「評価したり」という行為が本質的に欲求としてある(心理学者のMASLOWも言っているが)。

Epinionsでは、ショッピングの際に参考にすべき「バイアスのかかっていない意見」が公開されている。この商品はここがいいとか、これはこの部分がいけない、などの忌憚のない意見が聞ける。これらの意見はEpinionsが提供しているものもあるが、大部分は一般読者の意見だったりする。

「一般読者に質の高い意見を投稿させる」というのはこの手のサイトの一番の悩みどころなのだが、Epinionsでは前述した、「評価したい、されたい」の欲求をうまく満たすことによってこの問題を解決している。

Epinionsでは、意見を投稿する人は、自分の意見がどれだけ他の人に読まれたか、また誰から自分の意見が信頼のおけるものとして推薦されているかを把握することができる。自分が評価されている、ということをあの手この手で見せてあげることによって「あぁ、自分はいいことしているんだな」ということを実感させてあげるのである。こんな気持ちのいいことはないので、さらに意見を投稿するようになって、自分の欲求が満たされたところで他の人の意見も評価するようになって、他の人もまた投稿を増やし、といういいサイクルが出来上がっている。

さらにEpinionsでは意見を投稿したり、他の人の意見を評価するとポイントがたまり、そのポイントを現金化できたりもするが、それはむしろ付帯的な仕掛けと考えられるほど、「人を評価する、自分が評価される」という仕組みがうまい具合に確立されている。

こういった本能的な欲求をビジネスモデルに組み込んでいったところが(意識的に行ったかどうか不明だが)画期的だと思う。

Epinions

http://www.epinions.com/

専門家による評論サイト。

管理人の独り言『ネットへの攻撃』

ネットへの攻撃がさかんだ。昔、インターネットの発祥地、バークレーにて勉強していたことがある。そこでコンピュータサイエンス専攻の学生に「人の創ったものが人に破れないわけない」といわれた。その一言が今実感をもって思い出される。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.